• TOP
  • BLOG
  • エネルギーII部エコライフ事業

ブログ Blog

エネルギーII部エコライフ事業 の記事一覧

2018年8月度 【調整金額】

今年の夏は例年になく暑く、各地で猛暑となっていますね。”危険な暑さ”と表現されるほど。

夜になっても室温がなかなか下がらず室内にいても暑いと感じることが多いですね。暑いからといって、シャワーだけにしていませんか?夏こそしっかりお湯に浸かって、たまった身体の疲れをとって、翌日の活動に備えたいですね。お布団に入る2時間前ぐらい前にお風呂に入れば、体温が急上昇し入浴後は下降スピードが速くなり、寝つきはさらによくなります。

寝ている間に汗をたっぷりかいたり、室温が高くなって夜中に何度も目覚めてしまうと睡眠が浅くなり、起きた後しばらくは脳の働きが鈍くなります。ぼーっとしてなかなか目覚めない時は、温めの温度での朝シャワーもお勧めですよ。

入浴することにより汗をかき、身体の水分が急激に減ることになります。お風呂から出た後、脱水症状を起こして熱中症にならないようにしっかりと水分を補給しましょう。

さて、2018年8月の調整金額です。

201808(22)

 

2018年6月度 LPG調整金額

暑くなってきましたね。5/25現在の気象庁の3か月予測をみると、西日本は、平年より暑くなるようです。日中が暑いと、夜になってもなかなか温度がさがらず、寝づらいことがありますよね。スムーズな眠りにつくためには、体温を下げることが大切です。

暑い日だからこそ、しっかり湯舟に浸かってカラダ全体をゆっくり休ませましょう。温かいお湯に浸かれば、全身の血管が広がり体温が上がり、一旦体温が上がると、身体はそれ以上体温が上がらないように熱を発散するため体温が下がって涼しくなります。

暑い時の入浴はついついシャワーだけになりがちですが、湯船につかることによって、カラダもリラックスしますし、眠りやすくなりますよ。

2018年6月度の調整料金です。

201806(22)

2018年4月度 調整金額

201804(22)

本当に寒い!!【2018年2月 調整料金】

今年に入って、関西でも雪が積もっているところがあるなど、かなりの寒いですね。

「コンロは火がつくのですが、給湯器のお湯がでないんです~~~。」と何件ものお客様よりお電話を頂戴しております。担当者より対応させて頂いておりますが、凍結により給湯器の配管が凍ってしまい、お湯が出ない状況になっている事が多いですね。弊社屋も例外ではなく、朝一のお掃除を冷たいお水でなんてこともありました。少し待ってくると、太陽の光によって凍結は解消されお湯は出てきましたが…

すこし注意を!凍結によって、給湯器の配管が破裂している場合があります。でるようになっても、一度給湯器をみて給湯器本体や周りの配管から水が漏れていないかをきちんと確認して下さいね(*^_^*)

・・・・・冬のうれしくない風物詩ですね。

さて、【2018年2月度の調整料金】です。

201802(22)

この季節、ヒートショックに気を付けて!調整金額 2018年1月

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。年が明けて一気に寒くなった気がしますね。

この時期は、温度差による肉体的ショック症状「ヒートショック」が起こりやすくなります。
暖房の効いた暖かい部屋から、冷たく冷え切った浴室への温度変化が急激すぎると血圧が一気に上下して、心臓や全身の血管に異変を起こします。

お風呂に入るとき「脱衣所の寒さ」と、冷え切った体から入浴に突入する「お風呂の熱さ」の差によって、ヒートショックは起こります。およそ10度以上の差があるといけないと医学的に考えられているようです。

また、冬場、寒い脱衣所で服を脱いで裸になり、冷え切った浴室に入ると血管がびっくりして縮み、血圧が急激に上がります。その状態で熱いお湯に浸かれば、さらに血圧が急上昇することになります。そして入浴することで体が温まり、血管は広がり、今度は逆に血圧が下がってしまいます。このような血圧の乱高下が心臓に大きな負担をかけて、ヒートショックを招くのです。室温計や湯温計を設置しておいて、確認しながら入浴するようにしましょう。

さて、2018年1月度の調整金額です。↓

 

Copyright MITSUWA Co.,Ltd. All Rights Reserved.
TOP