産業用LPガス エネルギーⅡ部

産業用LPガスとして暮らしに欠かせないエネルギーを供給。

ガスでできることはガスで、電気にしかできないことは電気で。
2つのエネルギーをベストミックスすれば、オフィスや店舗などで大きな節電効果があり、省エネ・コストダウンが実現できます。LPガスで上手に節電してみませんか?

産業用LPガスについて

経費削減をご提案

LPガスにとどまらないエネルギーのトータルコーディネート(太陽光・LED・エネファーム…)
が出来るのがミツワの強みです。
節電を軸とした経費削減提案をしておりますので、一度お問い合わせください。

バルク配達

バルク供給システムは、現在、お客さまに設置しているLPガス容器をバルク貯槽に変更。
最新の安全基準をクリアしたバルクローリー車にて、ホームガスをお届けする供給システムです。
バルク供給システムの採用により、さらに安全かつ迅速な供給体制をお約束します。

24時間監視システム

エネルギーを扱う企業の使命として、セキュリティにも万全を期するために、 独自の通報システム「セキュリティネットα」を構築。 集中監視センターが、24時間お客様の安全を確保します。

セキュリティサービス

専用の機械を設置いただければ、地震などによるガス漏れをキャッチすることができます。
工事も短期間で、難しい操作は必要ありません。

LPガスについて

LPガスとは

1.LPガスの特性

LPガス(Liquefield Petroleum Gas)は、化石燃料の中では炭素数が少なくクリーンなエネルギー。
常温常圧では期待のガス体エネルギーで、天然ガスと比べると容易に液化し、体積を圧縮させることができます。

クリーンエネルギー

LPガスは、硫黄や窒素などを含まず、排気ガスがクリーン
また、ススを出しません。

災害に強い

都市部から離島部・山間部まで都市ガスのインフラが及んでいないエリアをカバーし、
全国の半数の世帯で使用されています。

活躍するエネルギー

被災地での緊急炊き出し仮設住宅への熱源供給にも使われるように、
設置や復旧が容易なエネルギーです。

LPガスの特性

LPガスは、家庭・業務用、工業用、化学原料用、自動車用などを中心に
年間約1,650万トン(H22年度実績)が使用されています。

LPガスが届くまで

安心の備蓄体制

避難所へのLPガス機器導入

LPガスバルク供給であれば、残量が半分でも500kg型で3日、985kg型で7日もの間、
停電時の電源としてのガス発電機1台、ガスストーブ2台フル稼働させ、水源が確保されるもとでのガス炊飯器により100人分のご飯(一日3食)をまかない、さらにガスコンロ2台と給油機1台1日各3時間使って暖かい汁物を作ったりシャワーを浴びることができます。

Copyright MITSUWA Co.,Ltd. All Rights Reserved.
TOP